自然に生きる

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

干し柿

c0092937_68821.jpg

干して10日ほど経ちました。天気も良くて上手くかわいています。
もうすぐ味見できます。少し早すぎて少し渋いくらいが、美味しいのですが!!

c0092937_6191322.jpg

秋も深まり、大気が澄んできました。どうです、この雲、綺麗でしょう!!

c0092937_6224772.jpg

ミニシクラメンが出番をまってます。
小さくて、色が鮮やかで、とても可愛くて、綺麗です。
ささゆりもとても大きくなって、もうすぐ蕾がピンクに染まります。
あの香りが、貴方の帰りを待っています。
[PR]
by npsnorio | 2006-11-25 06:37

加子母の冬支度

c0092937_5534035.jpg

寒くなるのを待って柿をもぎます。
富士山に良く似ているので富士山柿と言います。
低気圧のせいで北風が強く吹き、ついに雪が混じりました。
茂さんに手伝って貰いました。
風が強いのでテッペンのほうはなかなか捥げません。
2時間程で400個もぎました。

今年はいつもの年の半分しかありません。
泥棒ヒヨドリに上半分食べられてしまいました。
だから何時もならキナブリとしてテッペンに幾つか残すのですが
今年は食べかけも全て一つ残らず捥ぎました。
軒下にずらりと干して一つ冬支度が出来ました。

これから、かぶと大根の、漬物洗いがはじまります。

トマトのハウスのビニールの片付けがあちこちで始まりました。

昔はハルキ出しをして、ようやく正月になったものです。
春に伐った薪を1年寝かして暮れに出して冬中焚きました。

これからまた昔に戻ってこんな年の暮れになるといいな!!!
[PR]
by npsnorio | 2006-11-13 06:40

お昼の散歩。

c0092937_19264576.jpg

11月8日低気圧の後、朝から空気が余りにも澄んで
空の底まで良く見えます。
お昼をそこそこに済ませて木曽越林道を駆け上りました。
まだ紅葉が待っていてくれました。
赤は楓、黄はコンテツ、緑はモミ、青は、言わずと知れた澄んだ空。
c0092937_19402196.jpg

c0092937_1940386.jpg

遠目千両、近目はあばた、流石の御岳山も、台無し。
加賀の白山も、初雪でした。
[PR]
by npsnorio | 2006-11-10 19:47

皆んなに食べさせる。

会社の庭のふじさん柿は今年も良くなりました。
1000個はあります。でも今年は半分もありません。
去年まではカラスが少し突いて熟ませては美味しく食べていました。
カラスには節度があります。会社の休みの誰も居ない日だけきます。
しかし今年はヒヨドリが毎日、沢山来ててっぺんのほうから容赦なく食べてしまいました。
ヒヨドリ対策を考えなければなりません。

佐藤尚さんの家は山ぐろにあります。
ふじさん柿が、枝も折れよとばかりに沢山生っています。
一昨日朝7時頃車で通りかかると道に柿の実が散らばっていたので
猿だと思って駆け寄りました。
突然の事に猿も驚いて獲るものもとらず大慌てで逃げました。
下には柿の実が一杯散らばって居ましたが
尚さんの話では夜に猪が来て一つ残らず綺麗に片付けてくれるとのことです。
柿の有る内は大根や蕪に手を掛けないそうです。

山の動物達が里へ出てくるのは山に食べる物が無いからでは有りません。
里の美味しい食べ物の味を知ってしまったからです。
人間は山の獣たちの食べ物と糖尿病の心配までしなければなりません。
これからが大変です。
[PR]
by npsnorio | 2006-11-03 06:15



中島紀于。旧ブログページです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30